セラミックス

英語のセラミック(ceramic)は物質名詞としてよりも、「陶器の」、「陶芸の」という意味の形容詞として用いられる例の方が多いそうです。陶器の総称を言う場合は、セラミックスと言うのが正しいそうです。陶器のAは、熱および連続の冷却のアクションによって準備された無機の、非金属の固体です。窯業製品は結晶か、部分的に結晶の構造を持っているかもしれないし、あるいは無定形かもしれない(例えばグラス)。最も一般的なセラミックスが結晶であるので、定義、陶器、しばしば非晶質の眼鏡に対立するものとして無機の結晶質に制限されます。

最も原始的なセラミックスは単独で粘土から作られた陶磁器オブジェクトだったか、あるいは火で確固とした他の材料と混じり合っていました。上薬は、有色の滑らかな表面を作るために後のセラミックスにかけられ発射されました。セラミックスは今国内の製品、産業製品および構築する製品、ならびに美術品を含んでいます。20世紀に、新しい窯業製品は高度な窯業学で使用するために開発されました;例えば半導体の中で。

陶器の単語は、「keramos」(熱を意味して、インドヨーロッパ語の単語に由来すると言われている「陶土、タイル、陶磁器」)から、ギリシャの単語「keramikos」から来ます。(「陶磁器の」の)(「陶磁器のための)「陶器の」単語中の最も初期の言及、である、ミケーネ、ギリシャ、ke-ra-私私たち(線形のb音節のスクリプトの中で書かれた)、「セラミックスの労働者。」陶器、材料、製品あるいはプロセスについて記述する形容詞として使用されるかもしれません。

特徴

陶器は、それを熱し、次に、それを冷やすことにより準備されている、非金属・無機の固体です。窯業製品はそれらに対して非常に結晶の特性を持っており、いくつかの場合でのグラスと比較することができます。最も初期のセラミックスは27,000歳である陶磁器および小像でした。それらは粘土で作られており、時々他の材料と混合し、次に、火で強固になりました。セラミックス製品はいま生活のあらゆるシーンで活躍してます。自動車備品、電子、通信、エネルギー、医療、身近ではタイル、陶器、キッチン用品などがあげられます。従来のガラスや陶磁器と呼び名が共存してます。その材料のことをセラミックと呼び、製品のことをセラミックスと呼びます。 しかし、なぜ従来のガラスや陶器はセラミックスと呼ばれないのでしょう?ここは伝統的なものに対しての尊重の意味が入っているのではないでしょうか。伝統を大事にする。そう、古いものには味がある。名称一つにしても、情緒があるものですね。

セラミックスの由来

多くの外来語と同じ、セラミックスの語源もギリシャ語でした。ギリシャ語で書くと「Keramos」となりますが、これはその製造方法を意味してます。いまはその材料や製造過程の範囲は拡大してますが、もともとは粘土をやき固めたものを「Keramos」と言っていましたので、それが今のセラミックスの由来とされています。

形成方法

焼き始める前に行う形作りの工程として様々な方法がある。その中で、一般的に馴染みの深いものとしてろくろ形成がある。ろくろは学生時代や旅行先などで一度は触ったことのある人が多いのではないだろうか。周知の通り、回転台に原料を乗せて回転させつつ形を整えていくものである。主に食器類や芸術品を作成する際に用いられる手法である。もう一つ一般的な方法として金型を使った形成方法がある。原料を金型に入れ加圧する方法である。同じ形のものをいくつも生産したい時にはこの手法が有効である。

不動産の江戸川 りんご 長野 100 6/4

セラミックス|製品|他の適用|非晶質|結晶|サイトマップ

Copyright © 2010. All rights reserved. セラミックス.